亀山焼窯跡 [さー4]

亀山焼窯跡 [さー4]

販売価格はお問い合わせください。

亀山焼は、文化元年、大神甚五平等により開窯された。
当初は、オランダ船に販売する水瓶を製作していたが、文化10年から大神甚五平の単独経営となり、白磁に切り替え、染付けの上質な物を製作した。長崎奉行等の援助もあり、安政年間には、御用陶器所になったが、慶応元年には、閉窯となった。
<さるくコースマップより>

他の写真